プロフィール

こうちファーム しゅうへい園長

Author:こうちファーム しゅうへい園長
"南国土佐の人里はなれた神々の谷という地域「神谷(こうだに)」で、土佐文旦(ブンタン)を作っています。高知のおいしい果物で都会で頑張っている人を元気にしたい!という思いで、美味しい文旦づくりに励んでおります。

『こうちファーム』のHPはこちら↓
 http://www.kochifarm.com/

私は南国土佐、龍馬と同じ高知県で19歳まで過ごし、大学進学で東京に上京しました。IT関連の会社で9年サラリーマンとして勤務し、2011年5月から実家の農業を継いで百姓となります。

実家は果樹『文旦(ブンタン)』(※グレープフルーツみたいな果物)を作っております。

実家が農家といっても僕自身が作った経験はゼロで小学生、中学生の時に週末にお手伝いをした程度です。
さあ、美味しい文旦を作るためには、どんな困難が待ち構えているのか。。。


まったくの素人が、百姓になるまでの歩みをみなさん、見守ってくださいませ。(○゚ε^○)v"

『こうちファーム』のHPはこちら↓
 http://www.kochifarm.com/

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

まとめ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

野生の王国~~『丸神文旦・こうちファーム』


おはようございます。ヾ(´▽`)ノ台風接近中で大雨が降っている高知です。

僕が子供の頃、土曜日の夜のTV番組で「野生の王国」という番組がありました。
サバンナでライオンがシマウマを捕食したり、
アザラシがシャチから捕食されそうになるのをなんとか逃げて、子供アザラシにエサをあげたり、

という野生の営みが紹介されていて、

「野生の中で生きていくのは大変やね~。エサが取れなかったら、お腹が減ったままやん」と子供ながらに感じたものでした。


大人になった現在・・・

野生と人間の営みが混在する里山、『神の谷』で仕事をするようになり、
たまに野生の営みを目にするようになりました。

サバンナじゃないので、ライオンじゃなくて、昆虫、トンボです。


果樹園で摘果(きずのある実や小さな実を落としていく)をしている時に、トンボが近寄って、なんかムシャムシャしているので、

「ん、なんだろう?トンボってヤギみたいに口をムシャムシャするのかな?」

と思って、よく見てみると、なにか小さい虫を捕食してムシャムシャしてたんです!

トンボが虫を食べるのは知っていましたが、捕食しているところを見たのは初めてでした。

このトンボは野生の中で必死で生き抜いているんだな~と思うと、トンボがちょっとかっこ良く見えました。


「おし、僕も里山の中で必死に生き抜いて、極上の文旦(柑橘系フルーツ)を作るぞ~」


と思ったんですが、今日は台風のため仕事はお休みです~(笑)Σ(゚д゚;)


このまま太平洋沖を通過してくれますように~(-人-;) 



↓クリックのご協力よろしくお願いします人気ブログランキングへ↓
 http://blog.with2.net/link.php?1204402


丸神文旦(まるがみぶんたん)、美味しい文旦を作りゆうぜよ~「こうちファーム」
 http://www.kochifarm.com/
スポンサーサイト

 ホーム  »  次のページ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。